2010年04月21日

借金の立替は問題悪化の傾向に

借金?整理?とんでもない!
借金立て替えてもらうのは「甘え」かも。立て替えた後、借金した本人は変われるのだっしゃろか。
借金で回らんようになり、借金整理したいと親に相談ほしたら「とんでもない!」といわれることが多いだっしゃろう。あもろんな話だっせな。かわええ子供にそないなことさせたくおまへんし、親のメンツにもかかわりま。

でも、とんでもやないわれても、現実かやしてあかん…。そないな時、親から「借金のゼニ貸したるから払ってまいーや」といわれたら、どないしまっか?

一時借金はんようになりまっけど…親の申し出はありがたいこっちゃゃす。わがはそれ頼ったら、借金から開放されるねん。せも、少し落ち着いて考えてみまひょ。かやしきれないほどの借金がでけてもた理由。

立て替えてもらい、かやしたとしま。貸金業者にとってはきちんとかやしてくれた優良なお客さんになりまんな。ほんでから、手元にはまだまくらかだ使える貸金業者のカードが手元に残っとる…。今後、これ利用せえへんで暮らしていけるだっしゃろか。

親の立場から事例見てみまひょ。

秋雄はん(仮名)の場合秋雄はんは借金整理したいちゅうぼんのために、老後資金であった200万円、その借金返済のために貸してあげました。ぼんが気の毒で不憫やったし、世間体も気ぃなったねん。ぼんの将来が借金整理のためにあんじょういかいんようになったら、ちゅうことも考えました。
そこで、今まで利用した貸金業者の契約解約すること、2度と借金せえへんこと、貸したゼニはきちんとかやすことなんぞきぶく約束交わし、貸すことにしたねん。

ぼんの借金の返済後、1年ほどは毎月2万円程度返済がありました。約束守ってきちんとしてくれとる、秋雄はんはそう思っていました。でも、1年ちょうすぎたころより、返済がんようになりました。低収入の時代だし、ぼんも生活が難儀やろから少しさん子見よう、そう思っていました。


posted by 任意整理を申し込みました at 15:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カスタム検索

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。